社会人サークル新松戸駅 癒しの風

様々な生活の「もう少し」をあなただけに、教えます。新松戸駅などの話題も豊富です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時間泥棒(8)英語

自分の趣味は、海外旅行なのですが、特に好きな観光地は、ヨーロッパです。

そのため、旅行に行っても、より楽しめるように、「英語」と「ドイツ語」を勉強していました。
特に国際化社会で、最低限、英語は話せないと、と思っていました。

英検も受験し、ドイツ語は学校まで通っていました。

ですが、ある時、ふと思ったのです。

国際化社会、グローバル化と言うけれど、一体いつどこで英語を使う機会があるんだろう?
確かに、1部の企業は、英語必須となっています。

外国人の雇用も増えて、だんだんと日本国内でも、英語の需要、必要性も増えています。

確かに、出来ればそれに越した事はないですが、出来ないといって困った事は、1度もありません。
これからも、困る事はないように思えます。

書店に行っても、英語の参考書が、ズラリと並んでいるのに、英語を話せる人はほとんどいません。

友人の中には、英語が話せる人がいますが、英語の必要のない職業と生活で、役に立っていません。
英語を使う場所がないのです。
ただ「俺、英語話せるよ」というだけです。

旅行に行く分には、今まで学んで来た基礎と、旅行会話集などを書店で買って、それで十分なのではないか?
本当に必要になった時でも、十分なのではないか?
英語は出来るに越した事はないが、英語だけ出来ればいいというものでもないのではないか?
本当に必要な時は、通訳を雇えばいいではないか?

国際化社会、グローバル化だから、最低限英語を・・というのは実際はどうなのか?

使うか使わないか分からない英語の勉強のために、時間とお金を使うのは無駄ではいのか?

メデイアと英語ビジネス、英語教育という英語産業に、そう洗脳されているだけではないか?

国際化社会、グローバル化という言葉に、踊らされている、振り回されているだけではないか?

賛否両論はありますが、自分は、本当に必要になったら考えようと判断し、英語、ドイツ語、ならびにフランス語、イタリア語の勉強を辞めたのです。

ピアノ、スポーツに続き、英語を中心とした語学の勉強も辞めたのです。





関連記事
  1. 2012/02/20(月) 16:18:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/20のツイートまとめ | ホーム | 02/19のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinmatsudoeki.blog.fc2.com/tb.php/503-0705b5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。