社会人サークル新松戸駅 癒しの風

様々な生活の「もう少し」をあなただけに、教えます。新松戸駅などの話題も豊富です。

新松戸駅にある流通経済大学が避難場所に 松戸市と協定ということです。

新松戸には「流通経済大学」があります。ダイエ―の新松戸店のそばにありますね。ここそんなに広かったかな?
 そんな気がします。


新松戸駅にある流通経済大学避難場所に 松戸市と協定ということです。

流経大が避難場所に 松戸市と協定

2012年2月10日


調印後、握手を交わす本郷谷市長(左)と小池田学長=松戸市

 松戸市は八日、市内に新松戸キャンパスがある流通経済大(茨城県龍ケ崎市)と、大規模災害発生時に同大が市民ら被災者のために協力することを柱にした協定を締結した。学生ボランティアに関して相互に協力することを盛り込んだのが、協定の特徴という。
 協定内容は、災害時に▽流通経済大の施設の一部を避難施設として提供▽大学に避難してきた被災者への備蓄物資提供▽学生ボランティアらによる避難所などでの協力-など。平常時は市が学生ボランティアらの訓練や研修に協力する。
 協定は本郷谷健次市長と小池田冨男学長が、新松戸キャンパスで調印。本郷谷市長は「協定により市と大学の関係が強固なものになる」と述べ、小池田学長は「松戸市と密接な協力関係を結びながら学生と教職員の安全を確保したい」と語った。 (川田栄)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120210/CK2012021002000055.html
  1. 2012/03/02(金) 22:51:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2人の友人

つい最近、縁を切らせていただいた2人の友人がいます。

もちろん本人には、「縁切りますね」などとは言いません。

傷付きますから。

徐々に疎遠になり、フェイドアウトして行きます。

理由は、自分が勉強不足、経験不足だったのです。

2人とも、統合失調症と妄想癖があり、接するのは精神科医、専門の(プロの)カウンセラーなのですが、そこまで考えが至らず、気付かず、彼らの言う事、言動をまともに受け止め、病人としてではなく、友達として接してしまっていたのです。

つまり病人相手に、普通の友達に接するのと同じように付き合ってしまっていたという訳です。

盗聴されている、監視されている、操られている、誰かが自分を破滅させようとしているなど、当初は、相手が真剣に、理路整然と話しているので、本当かと思っていたら、

きっかけがあって、ご両親、ご家族と話してみたら、全部妄想だったという訳です。

いやはや・・





  1. 2012/02/28(火) 19:43:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自殺未遂

昨日26日、自分の年上の友人、47歳男性が、薬による自殺を図りました。

しかし、一命を取り止め、今は地元の総合病院に入院しています。

毎年自殺者3万人以上と言われていますが、いじめや経済的理由、精神疾患、将来に希望が見えないなどの理由が多いようです。

今の時代は、先行き不透明で、不安要素がいっぱいです。

うつ病や不安障害、統合失調症など、心の病になる人も急増しています。

昨年の大震災に、原発の問題、今後の地震、経済と、大変な時代を迎えたものです。

ですがそれでも・・

それでも自分は、日本の復興を信じて、未来に希望を持ちたいのです。
  1. 2012/02/27(月) 20:42:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

時間泥棒(13)

ピアノもスポーツも、語学の勉強も辞め、ペットも飼わず、自分は何に時間を使っているかというと、

ほとんどは、人間として生きて行くために、必要な事だけをしています。

つまり次のような事です。

〇衣食住

〇食欲、性欲、睡眠欲

〇適度な運動、ストレッチ(体操)

〇生活のためにお金を稼ぐ事、つまり仕事とお金

〇健康管理と医療と福祉、事故に気を付ける、アンチエイジング

その他には、美容、ダイエット、ファッション、読書、温泉、海外旅行などです。

後は、清潔にする事、精神衛生、生活に笑い、歌と音楽、踊りなどを取り入れています。
  1. 2012/02/26(日) 20:34:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間泥棒(12)

(勧誘とお誘い)

勧誘と誘い、何となく同じようですが、自分は少し区別して使っています。

勧誘とは、宗教、ネットワークビジネス、セミナーなどの勧誘の事。

誘いとは、友人や知人からの、飲み会や食事、カラオケ、ドライブ、コンサートなどの誘いの事。

通常の友達としての「お誘い」であれば、問題はないのですが、宗教、ネットワークビジネス、セミナーなどの場合、いったんハマってしまうと、人生そのものを破綻させる事になりかねません。

十分な吟味と注意が必要だと思います。

(友達という方便)

また「友達」という言葉も便利なもので、何かを頼んだり、勧めたり、紹介されたりする場合の口実になります。
頼み事やお勧めをしてくる本人には、自覚はないかもしれませんが、「友達」という言葉は、とっても都合のいい、使いやすい「方便」になります。

「~してくれ」「この本、とってもいいから読んでごらん・・」「とってもいい人を紹介するから、会ってくれないかな?話だけでも聞いてくれないかな?」など、頼み事やお勧め、紹介なども、十分に吟味して注意しないと、時間とお金の無駄です。

また最近は、自分は、付き合ってても時間とお金とエネルギーの無駄と思われる友達とは、縁を切りました。
「あなたとは縁を切ります」などと、言う訳ではないですが、徐々に疎遠にしていく自然消滅、フェイドアウトという形です。

(ネットワークビジネス)

ネットワークビジネスは、本当にゴマンとありますね。
ネットワークビジネスそれ自体に、何かを言うつもりはないですし、否定するつもりもないのですが、自分も20数社経験して来て、最終的には辞めました。
関わらない事に決めたのです。

理由は、自分はネットワークビジネスでは成功出来ない、稼げない、です。
もしくは、おそらく適性に合っていないだろう、でしょうか?

仕事で営業や接客、接待は出来るのに、ネットワークビジネスになると、人に勧める事も、話をする事も、紹介を出す事も出来ず、何をどうしていいか全く分からないし、何にも出来ないのです。

敗者の理論で、どのネットワークビジネスをしても、うまく行かなかったので、辞めたのです。

ですので、それまでのネットワークビジネス関係の人脈は全て切り、時間の無駄なので辞めました。





  1. 2012/02/25(土) 17:23:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ